呆丈記

呆れたものがたり

きこりは国からの補助金ありきで作業する

  先日インターネットで『きこりと旅人の話』をはじめて見た。

 

きこりが一生懸命に木を伐採している横の道を旅人が通り過ぎていきました。

夕方になって旅人が再びきこりが木を伐採していた道を通ると、きこりの伐採作業があまり進んでいません。

 

旅人がよく見ると、きこりが伐採に使っている斧の刃がボロボロになっているのに気づきました。

 

旅人はきこりに『なかなか進まないようですな、おや?刃がボロボロになっているので研いでみてはどうですか?』ときこりに提案した。

 

するときこりは『忙しくてそんな暇ないよ!早く切っちまわないと』と言ってボロボロの刃の斧で木の伐採を続けた。

 

このおななしは『きこりのジレンマ』とういらしい・・・

 

 

 私はこのおはなしを一通り読んでなにがおかしいのかよく解らなかった。

 

 

もし私が旅人だったらきこりの伐採作業の邪魔をすると思って話しかけないし、仮に話しかけたとしても『すごいね!これひとりで伐るの?』といって激励する。

(この方がきこりの作業速度があがると思われる)

 

 もしかしたらきこりはチェーンーを貧乏で買えないかもしれないし、電気工具などを使うと木材の商品価値が下がってしまうのかも知れない・・・・

 

きっと納期が間に合わなくて、切れ味が落ちているのを承知で作業を優先しているに違いないと思ってしまうからだ。

 

 

自分には関係の無い事にいちいち干渉して指摘するこの旅人の行為に私は親切心は一切感じられない。

 

 

もしも作者がきこりだったら・・・

 

旅人が来たらわざと切れない斧で作業する。

 

旅人『それじゃ切れないよ、刃を研げば?』

 

米きこり『そうだね』

 

間違った研ぎ方をする。

 

 

旅人『ちがうちがう!そうじゃ、そうじゃなーい』

 

米きこり『ちがうの?どうやるの?』

 

旅人『ちょっと貸せ!こうだよこう!』

 

米きこり『へー勉強になったよ』

 

 

と言って旅人に研いでもらう。

 

 

 

刃がボロボロな状態で作業を継続して、切れる斧や研いだ斧で作業した際のスムーズさの快感のエクスタシーのためにあえて作業効率の悪い状態を維持する変態きこりもいることを知っていただきたい。

 

そしてこういうきこりは斧を湖に落としてしまっても、まだ顔しか出てない女神がブスなら『いーらね』と言って立ち去るか、平気で物をぶつける木クズである。

 

 

 

 

 

高圧送電鉄塔の怪

 実家の前に巨大な高圧送電鉄塔が仁王立ちのようにそびえ立っている。遠くの山の上から見れば『ああ・・あの下が我が家だ』と、こどもの頃はよく目印にしたものだ。

 

この下を線路が通っていて、今では無くなってしまった東京・上野まで行く群青色の夜行列車が往来するのを毎日あこがれて見ていた。

 

 

当然線路には架線が張り巡らされており、列車はそこから電気を供給する。

 

天候の悪い日や夜間は高圧線と架線が『バチバチ』とものすごい音を立てている。

 

我が家では以前お米屋さんが月に一度お米を届けてくれていたが、米屋の主人が入院して配達できなくなった際の代わりに来た奥さんが、この『バチバチ』と鉄塔の高さに圧倒されて配送を拒むようになった。

 

 

 先日亡くなった母親はこの下に約28年間ものあいだ住み続けた。

最初の15年間はパートをしていたため、週に4日間の朝9時~夕方4時までは家におらずにそのまま買い物に行って、夕方5時半頃から夕飯作りのため帰宅していた。

 

しかし交通事故に遭ってからはパートが出来なくなり、15年前からは一日じゅう家にいることがほとんどだった。

 

常にこの家にいるのは母親だけだった。

 

 

 母の死因は白血病だった。

 

年のせいと言えばそれまでではあるが、世間一般の65歳はまだまだ元気な人がほとんどである。

 

 

 

私が実家に来て今年で10年になる。

酒も飲まないのに肝臓が悪い、たまに激痛で夜中に目覚める。

 

ラーメンのつゆを飲むのをやめても、しょっぱい食べ物をかなり控えようと肝臓はなお腫れ上がる。

 

休みの日に家に一日中いると頭痛で頭が割れそうになる。だから2日ある休みのうちのどちらかは、必ず遠くに出掛けるようになった。

 

頭痛で睡眠障害を患った。5時間寝れればかなり凄い方にも関わらず、24時間営業のスーパー銭湯の古くて硬いリクライニングチェアーでは8時間ぐっすり眠れた。

 

 

関係があるのか無いのか因果関係は不明・・・・

 

 

今ではこの鉄塔がすっかり墓標のようになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親死亡からはじまる絶望の並行世界

 あぶくのように生まれて呆気なくきえてゆく

ひとのいのちは尊く儚い、それもまた想うがゆえに煙のごとく消える。

 

残る過去の思い出に思いを馳せてひとは昇華する。

 

続きを読む

今週のお題「母の日」

今週のお題「母の日」

 私の母は今年の2月から、植物人間になりました。

自力では呼吸さえできずに、透析もしております。親戚や自分がお見舞いに行ってもおそらくわかりません。

 

いわゆるチューブ人間というやつですね。

 

近所のおばさんは心配を装いながら様子を聞いてきますが、いつも答えるのは『相変わらず』の同じ返答しかありません。

 

 

おばさんたちは母の様態を立ち話の話題にしておりますが、うちに来る人来る人みんな『あんまりよくないって聞いたんだけどお母さん大丈夫』と憶測だけで話が盛り上がっている様子がうかがえます。

 

実際その通りなのですが、『もうだめぽ、死ぬの待つばかり』なんて言えませんし・・

 

 

母も私もそんなに悲観しておりません。あるがままの現実を受け入れるのみ。

 

 

 

 

本日5月12日 母の日 まだ【令和】を知らない母へ贈る 

 

 

 

 

意味無し呆壱

 企業の広告塔であるモデルやアイドル、背の高い好青年、容姿端麗の清楚な女性、元気の良い美少女、特定の人にとっては彼ら彼女らにより敷居ははるか高くなる。

 

また登竜門は固く閉ざされ二度とくぐることはなくなる。

 

続きを読む