呆丈記

呆れたものがたり

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

 おじいちゃんは長生きでしたが、おばあちゃんは早くに亡くなってしまいました。

あまり丈夫ではなく20代のころから入退院を繰り返していたそうですが、17年前に亡くなってしまいました。

 

おばあちゃんより上の世代がまだまだ元気に買い物なんかに来ているのを見ると、長生きってめざしてできるものではないと痛感しました。

 

 私の家系は婿で来たおじいちゃん以外は、みんな早くに亡くなっています。

おそらく私も長生きはできないでしょう。しかし人生太く短く生きようぞ!・・・・・・・・・・・

 

太い腰回りと短い脚であしたもがんばるかー

 

 

今週のお題「わが家の防災対策」

今週のお題「わが家の防災対策」

 家の防災対策に自信のない方、今回の地震で一歩間違えば命を落としていた私が紹介したいと思います。

まずは定番ですが、食器戸棚は固定した方が絶対良いです。簡単に倒れました。

戸棚が倒れてガラスが飛散して避難の妨げになりました。タンスも避難経路を塞ぎました。テレビも固定した方が良いでしょう。(壊れたら高い)

ちなみに今回の地震でパソコンのモニターが落下して液晶が破損しました。

 

 次に停電対策です。人がいる部屋には1つでも小さなライトを用意しておくと避難の際にも便利です。玄関の下駄箱の中にキャンプ用のLEDランタンとポケットラジオを入れておきましょう。(かなり役に立ちました。)

 

 今回の北海道での地震の発生時刻は寝静まった午前3時という一番最悪な時間帯に起きました。さらに季節が真冬であれば凍死する危険性もあります。

寝ている部屋の枕より上には、絶対に物がないようにしましょう。

私の寝ている頭上には、大型のブラウン管テレビ(15キロくらい)があり、台からテレビ本体が半分乗っかっているだけでした。

 

 地震が起きた後は、【乾電池】【カセットガスボンベ】【飲料】が全く買えません。

1つずつでもよいので用意しておきましょう。

車がある人は、ガソリンを日頃から半分ちょっと減ったら満タンにするように心がけましょう。地震後はガソリンの入手に本当に苦労します。給油も制限されて10~20くらいしか給油できません。

 

 えらそうなことをダラダラ書いてきましたが、今まで書いたことは私が一切やっていなかったことです。あたり前なことなのに、いざ地震になってはじめて気づいたただのバカたれの言うことですが、私のように困らないように皆さま自身も再確認していただければ幸いです。

 

rice9999.hatenablog.com

 

 

 

KONOYO NO OWARI

 平穏な日常が変わろうと呆丈記が変わることは決してない。電気が途絶えようと、希望が失われようと呆丈記は決して止まることもない。綴られ続ける駄文は乱れに乱れ暴れ狂う。

 地上のひかりが失われ、より輝き映える夜空の星たちは【闇】を一層引き立てる。

そしてやがて【闇】は【孤独】を生み出す。災害時のヒトリノヨルはこの孤独の【独】に侵されてはいけない。

続きを読む

更新休止のお知らせ

 呆丈記〜呆れたものがたりをいつもご覧いただきまことにありがとうございます。 

  このたび平成30年北海道胆振東部地震被災のため呆丈記の更新が遅れます。

同じ様に被災された皆さま心よりお見舞い申し上げます。

現在タブレット端末よりお伝えしております。電源、インターネット環境が確保でき安定次第再開いたします。

 

 

今週のお題「ひんやり飯」

今週のお題「ひんやり飯」

 まだまだ暑い日が続きます。夏の定番の食事と言えばやはり【冷やしラーメン】(地方によって冷やし中華だったりする?)や冷奴、そうめん、などですが、【飯】ということで【ごはん】を使った冷やし飯を紹介します。

 

 ベーコンやウィンナーをちょっと塩胡椒多めでしょっぱく焼きます。

その次にそれをご飯の上に乗せて、上から冷たいお茶をかければ出来上がりです。

脂ギトギトの冷やしお茶漬けのできあがりです。おいしくなさそうな感じがしますが、好みの問題もありますので好きか嫌いかは一度試してみないとわかりません。

 

お好みにより【練りわさび】を入れますと一層おいしくなります。(味覚に合わなかったらすみません)

 

できないことをがんばるな

  人類みな一切の苦無くしあわせになるのは無理な話である。寸法の合わない敷き物のように、どこかに合わせれば他にしわが寄る。誰かの自由の中にいる限り、しあわせはやっては来ない。反対に自分が自由になれば誰かに無理が生じる、自由としあわせを取り合う椅子取りゲームのようなもの。

 

しかし不自由の中で生きることはある程度必要なことでもある。不自由の中で忍耐を養い我慢が鍛えられる。負の感情もすべてちからに換えることができたとき更なる高みへと到達できるであろう。

 

 

『なせば為る 成さねば為らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり』

 

米沢藩を立て直すために自ら節約を実践し手本を示した上杉鷹山だから説得力があるのである。上の者が自ら実践し手本を示せばあとに続くしかない。これはアメリカ元大統領も尊敬した日本を代表する偉人のことばである。

 

 

しかし現代においてブラック企業のノルマ必達のための指標とされることがある。

『やればできる、やらないからできない、できないのは頑張りが足りてないからだよ、頑張るのはあたりまえで、頑張って成果を出すのが仕事だよ』といいながら椅子にふんぞり返り具体的な指示や提案も出さない高給取りにみんながなりたくて仕事を頑張るから、この国はいつまでたってもよくならないのである。