呆丈記

呆れたものがたり

すゝめないすゝめ

 貧しければ貧しいほど、手の届かないものにあこがれる。

時より手の届きそうなところに現れる、まぼろしの高値の花に惑わされ

終には手を伸ばし奈落の底へと転落する。

 

続きを読む
広告を非表示にする

今週のお題「バレンタインデー」

今週のお題「バレンタインデー」

 今年のバレンタインも平日ですね。これが土曜日、日曜日ならモヤモヤせず救われる男性が大勢いるのに・・・・代表してそのひとりが書かせていただきます。

 

 まず私にチョコレートをくれる年齢層は、98%がおばちゃんです。

こどもにくれるかのように、「甘いもの食べれるかい?これ!食べなさい。」

と言って子供向けのチョコレートがほとんどです。

おばちゃんが若い娘だった頃は、このような催しはあったのかな?といつも思います。

おばちゃんだけではなく、おっちゃんもくれます。残りの2%はおっちゃんです

「おう!兄ちゃんよ、コレ世話になってっからよ!」とバレンタイン仕様ではない

普段から菓子売り場にあるチョコレートをくれます。

 

 

 私はこんなおばちゃん、おっちゃんがだいすきです。

まさに人情チョコではないでしょうか。

こんなおっちゃんに私はなりたい・・・・・・

 

 

 

 

ヒューマンエラーとエラーヒューマン

 人間だれしも完璧ではありません、体調不良や疲労蓄積、睡眠不足などが原因の事故やミスというのは、起こるべくして起きるわけです。

20時間休憩なしの大型トラック長時間運転、三日三晩一睡もせずにぶっつづけで手術、40度近い高熱でインフルエンザに感染しながらのフライト、どれも危なかしいですね。

大惨事が目に見えています。

 

 

 しかしこれらの要因が無くとも、時に人はミスをします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%

 

ファミレスでバイトのウェイトレスが料理を、ひっくり返して落としてもヒューマンエラーとはなかなか言わないように、大惨事になった際に使われることが多いですね。

 

ミスすると大惨事になりうる作業や仕事には、当然人数を増やしたり優秀な人を当てたりします。しかしその複数の人や優柔な人が万全の状態にも関わらずミスが起こり、惨事になってしまうことはどうしてもあるのです。

 

 

 突然ですが私は【エラーヒューマン】です。ミスばかり起こすタイプの人間です。

周囲もそれをわかってか、重要な事は私には絶対任せません。

エラーヒューマンはミスをするのが普通なので、何かあってもヒューマンエラーとなるのでしょうか?

『あ~やっぱりやった~』となり、配置した者の責任も問われてしまうのでしょうか?

幸いなことに車の運転は問題なく、今まで停車中のもらい事故以外は無事故です。

 

 

 私のように仕事や日常でのミスの連続で困っている人は、実は結構多いのではないでしょうか?これは自分の特徴性なのだと自覚していますが、どうすることもできないもどかしさにこれからも苦悩することでしょう。

 

 

 

 

 

今日鬼爛侮

 「私は特別なのよ~!!!!!!」高齢女性の声が寒風を切り裂き響き渡る。

それは怒号とも主張とも受け取れる、嘆きであった。

自分を特別扱いしてほしいとの客の要求に私が【NO】を突き付けるには訳があった。

続きを読む
広告を非表示にする

お感情~喜怒哀楽

 感情の起伏の激しい人は厄介ですね。へらへら笑っていたかと思えば、いきなり怒り出して大爆発!する人。死んでしまうんじゃないかと心配するくらい落ち込んでいたと思いきや、なにかいいことでもあったのか、にこにこしながらおごってくれたりする人とまあいそがしいものだ。

犬や猫を飼っていらっしゃる人はご存知かと思いますが、その個体の性格にもよりますけどその日その日の気分や機嫌があり、やることなすことが結構人間臭いところがありますね。

 

karapaia.com

 哺乳類、鳥類、魚類にまで感情があるようなのですがどう思っているんでしょうね・・・

続きを読む
広告を非表示にする

今週のお題「私のアイドル」

今週のお題「私のアイドル」

 私にとってのアイドルと言えば、【高橋名人】ではなかろうか・・・

子供たちからの絶大な人気!そして圧倒的な16連射の技術!は未だに鮮明に覚えている。 

休み時間のシュウォッチ連射大会は、もしかしたら日本中の学校で行われていても不思議ではない程の白熱ぶりだった。

『ゲームは一日一時間!』と言いながらお母ちゃんがゲームの電源を切るくらい名人は世間に知れ渡っていた。

 

 もうあのような熱狂を巻き起こすカリスマは現れないでしょう。

短命灯

 毎日ニュースでいろいろな事件や事故が報道されていますね。

遠くの地方で起きた事は、どこか他人事のように見てしまいがちなのですが

テレビの中に映る対岸の火事の火の粉が、いつ飛んできてもいいように構えておく必要はありそうですね。

続きを読む
広告を非表示にする