呆丈記

呆れたものがたり

困リスト2019上期

最近こまったことが溜まってきました。ここで一度、他人目線となり客観的な立場となって冷静に判断し解決へと向かうよう書き出していこうと思います。 特に困っているこの2つの問題を今回は取り上げました。

きこりは国からの補助金ありきで作業する

先日インターネットで『きこりと旅人の話』をはじめて見た。 きこりが一生懸命に木を伐採している横の道を旅人が通り過ぎていきました。 夕方になって旅人が再びきこりが木を伐採していた道を通ると、きこりの伐採作業があまり進んでいません。 旅人がよく見…

高圧送電鉄塔の怪

実家の前に巨大な高圧送電鉄塔が仁王立ちのようにそびえ立っている。遠くの山の上から見れば『ああ・・あの下が我が家だ』と、こどもの頃はよく目印にしたものだ。 この下を線路が通っていて、今では無くなってしまった東京・上野まで行く群青色の夜行列車が…

母親死亡からはじまる絶望の並行世界

あぶくのように生まれて呆気なくきえてゆく ひとのいのちは尊く儚い、それもまた想うがゆえに煙のごとく消える。 残る過去の思い出に思いを馳せてひとは昇華する。

暴走月光仮面

正義の味方はみんなに好かれるもの?なはず。 時としてそれは違う事もある。 正義のあり方も人それぞれ。 間違いではないが正しいかと問われると疑問が残る。

今週のお題「母の日」

今週のお題「母の日」 私の母は今年の2月から、植物人間になりました。 自力では呼吸さえできずに、透析もしております。親戚や自分がお見舞いに行ってもおそらくわかりません。 いわゆるチューブ人間というやつですね。 近所のおばさんは心配を装いながら…

意味無し呆壱

企業の広告塔であるモデルやアイドル、背の高い好青年、容姿端麗の清楚な女性、元気の良い美少女、特定の人にとっては彼ら彼女らにより敷居ははるか高くなる。 また登竜門は固く閉ざされ二度とくぐることはなくなる。

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 大型連休はいつも通り仕事でした。2日以上の連続した休日は皆無です。 もし10日間休みになったら、ブログをもっと更新したいですね。 でもせっかくの連休にインターネットはもったいないような気がするんですよ。…

怒りやすい人はひつじのショーンを観よう

ひつじのショーンをご存知でしょうか? ショーンと言うひつじとその仲間の羊たち、牧羊犬のビッツアー、牧場の経営者(名前が設定されていなく牧場主と表記される)の日常を描いたイギリスのクレイアニメーションです。 今回注目したいのは、牧場主のおやじ…

今週のお題「平成を振り返る」

今週のお題「平成を振り返る」 平成と言う時代は戦争が無い代わりに、こころも懐も貧しくなったといった印象を受けます。これは明らかに【格差】によるものではないのでしょうか? 昭和の時代も貧富の差はもちろんありましたが、これからのあかるい未来への…

消えた日

小さなわが街からツタヤが消えた。 唯一の本屋さんツタヤが消えた。 撤去された店名看板、雨ざらしで野外に放置されているスチール棚。 くさりで封鎖された無人の駐車場、いつも深夜まで明るかった大通りの光が死んだ。 ゲームも本も砂漠の水のごとく入手困…

今週のお題「新生活おすすめグッズ」

今週のお題「新生活おすすめグッズ」 『春ですね、春と言えば新しい生活の始まりでもあります。そんな新生活にぴったりなオススメなアイテムを今回はご紹介いたします。』なんていう地方ローカルテレビ局でやっているようなジャパネットの二番煎じのテレビシ…

今週のお題「お気に入りの飲み物」

今週のお題「お気に入りの飲み物」 茶色と黄色は雪印コーヒーの色!冷蔵庫を開けるといつもそこにいてくれる安心感。 執筆の際はいつも雪印コーヒーとピーナッツチョコを食べながらパソコンと向かいます。 コーヒーの苦手な私はコーヒー乳飲料しか飲めません…

正論は感情を逆撫でる

日本の国特有とも言ってもよい【本音と建て前】は諸外国にとっては、理解しがたい日本の文化のうちの一つではないか? 場の状況や雰囲気に合わせて遠まわしに本音を含むこれらの文化は日本人にとっても相当厄介であることは間違いない。

牙をむく えびす

温和な物腰にえがおを絶やさない仏のような人も、大魔神の如く豹変し時には牙をむく。 親しき仲にも礼儀ありを忠実に守っていても、むしのいどころはわからぬものだ。

今週のお題「桜」

今週のお題「桜」 桜にはあまりいい思い出はありません。正直言って嫌いだと思います。しかし年中永久凍土のような私のこころに無理やり強引な季節感を演出するには、無くてはならない花なのです。 入学、就職など【桜】ははじまりの印象のある花でもあり、…

今週のお題「卒業」

今週のお題「卒業」 思えば私は今まで生きてきて、あまり卒業したことがないんですよ。 学校の卒業式に『ただ学校に足を運ぶ機会が少なくなるだけで、おまえは馬鹿なんだから勉強は卒業してないからな』と担任に言われ、近所のスーパーで会った際は必ず『勉…

明晰夢芝居~第3幕 奇妙なみらい?

夢の中で『これはゆめだ』と気付く【明晰夢】をたまに見ます。 以前も述べたように、不自由なのは誰かの自由の中にいるからだと思います。 現実でもそうですが、自分が自由になれば間接的にでも誰かの自由が拘束される場合が多いのです。

アラウンド・デス

人生朝露の如し、浮世は夢であり。歳を重ねることもまたすばらしいことで【死】より幸福である。 生い立ちが不幸な者にとって『生きる』ということはあまりにつらくて厳しい。 常に不安に苛まれ、孤独に安堵する毎日。 誰かの笑顔がこころを蝕み、誰かのしあ…

天上天下唯我独 損 平成31年3月第1週

毎日が素晴らしくありたいなんて『愚の骨頂』である。 『素晴らしさ』のありがたみを忘れたとき、災いが一気に押し寄せる。 よろこぶ厄病神、張りきる悪魔、そして笑う鬼。 降りかかる禍を話のネタにして、あなたに送る蜜の味。

3Y

大量生産、大量消費、大量廃棄、時代背景に合わせて、その時々つねに需要と供給は変動する。 モノだけではない・・・人間も大量生産され、必要とされて企業に消費されていった。 そして不況が訪れれば、ゴミのように廃棄していった。 かつては『金のたまご』…

私の未来予想図

私の未来予想図は無難に生きて、楽しく死ぬことです。 明るい将来でなくてもいいので、無難に平凡で現実的な未来が希望です。 そのためには、今のままの生活スタイルを崩すことなく続けていかなければなりません。 『継続は力なり』とありますように、どんな…

今週のお題「雪」

今週のお題「雪」 『犬は喜び 庭かけまわり』って冗談じゃないですよ。猫は雪が降ってお外に行きたがって、戸を開けたとたんU ターンでストーブの前へ・・・・・ 先々週は日中でもマイナス10度以上の日が連日続きまして雪もたくさん降りました。 私の車は後…

キャッシュレス化で馬鹿になる。

世界的規模で最近やたらとキャッシュレス化へと向かわせたがっているように思うのは、私だけでしょうか? 日本では2020年に控えた東京オリンピックに向けてとの名目ですが、ただ単に『海外からの観光客が日本で簡単に買い物しやすくなれば、より多くのお金を…

執筆遅延のおわび

いつも呆丈記をご愛読いただき誠にありがとうございます。 只今、作者の母親が重篤のため執筆が急遽休載となってしまった事をお詫び申し上げます。 また、病院との往復で家を空ける時間が多くなり、暇な仔猫がLANケーブルを噛みちぎりインターネットができな…

死亡遊戯

この世に生を受け、天寿を全うしこの世を去るまでもの間にいくつもの笑いと涙がある。 それは誰かと共有したり、己の胸の内に秘めたりさまざまである。 ひとは身近な命にかかわる出来事にしばしば心が揺さぶられるのである。 よく思い出してほしい、自分の子…

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

今週のお題「わたしとバレンタインデー」 気のせいかもしれませんが、バレンタインデーのイメージはもう30年以上も国生さゆりが独占しているような印象があります。 私は仕事で田舎の高齢者宅を訪問するので、近年のバレンタインデーには『みかん』や『いも…

今週のお題「わたしの節分」

今週のお題「わたしの節分」 幼稚園の時の豆まきが恐ろしかった。こどもだったからとかそのような類のものではないのですよ。普通は豆をまいたら鬼は逃げていくものですが、鬼が本気で反撃してくるんですよ。最初は本当に馬鹿にしていたんですよ、『近所のお…

今週のお題「冬の体調管理」

今週のお題「冬の体調管理」 インフルエンザの対策といえば、外出前の予防のための【マスク】と外から帰ったら【うがい】【手洗い】が基本なのですが私の場合はちょっと違います。 まずは外出の際は【マスク】は一切しません。そして普通の人よりちょっと【…

裏救世主

拝金主義の今の日本で、金のない者が何を説いても全く説得力は無い。 なぜ人々は自らの考えで判断することを拒んでしまったのか?、一部の影響力のある者が神と称されその者の発言や発想が天からの正しい導きだと信じてやまない。 火災時に非常口が複数ある…